HSPのための刺激を減らす持たない暮らし

HSP
スポンサーリンク

1を見て100を感じるHSPにとって
モノで溢れた部屋はとても刺激的です。

ただでさえ日常の刺激で頭がいっぱいなHSP。
持たない暮らしを実践して、
せめてモノに関わる無駄な刺激・時間・ストレスを減らしませんか?

今日はHSPのわたしが実践している
HSPのための持たない暮らしについてお話してみようと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

HSPをぐったりさせるモノ

 

 

 

乱雑に置かれた読みかけの本
床に散乱する子供のおもちゃ
本来そこにあるべきでないものが何食わぬ顔で放置されていること・・・

人間は、目に入ったものすべてを情報として自分の中に取りこみます。
多くのモノを持つ・持たないは人それぞれですが、
モノが多い=情報が多い
物事・環境から敏感に刺激を察知するHSPにとっては
その情景も刺激になります。

 

意識の向かうモノを減らす

 

わたしの中の持たなくていいものの基準。
【今なくしても、きっとなくしたことに気が付かないもの】
【代用の効くモノ】

 

少ないモノで暮らすと言えども、
子供が小さいうちは大目に見ているおもちゃ。
おもちゃを新調する際は、使わなくなったおもちゃを手放す
その場限りにならないようなおもちゃを選ぶ
棚に収まる分だけを持つ
がわが家のルール。

 

子供って目新しいものが好き、でも飽きるのが早い・・・
出来るだけカタチを変えながら
長く楽しく遊べるものを選ぶようにしています。

おもちゃ半分をクローゼットにしまい、
出しているおもちゃと時々交換する方法は
飽きずに遊べるのでお勧めです。

 

 

子供の作品系は写真に収めてさようなら

 

 

 

記念に残している子供の工作や絵。
けれど見返すことって案外少ないことに気が付きました。
モノで狭くなったクローゼットを開ける度にもやもやするくらいなら、
写真に収めて、現物は捨てようと決めました。

子供は日々成長していて、
振り返る暇なく、慌ただしい時が過ぎていきます。
本当にお気に入りの絵以外は、
むしろクローゼットから出して写真に収める際に初めて見返して、
思い出に浸るいい機会になりました。

 

必要でないものはタダでも貰わない

 

 

 

 

年末になるとお店が配布してくれるようなカレンダーや
ノベルティも本当に欲しいものでなければ
結局残るのは【捨てる作業】
かモノで溢れた部屋。

捨てる作業は罪悪感に駆られる以外の何ものにもなれないし、
そのことを考えることの刺激と時間は本当に無駄だと思います。

 

 

 

 

 

モノの指定場所を決める

 

 

 

モノを減らすことが出来たら、
次はモノの指定場所を決めてあげる。
モノが迷子になると部屋が散らかるので、
モノの指定場所が決まっていれば、部屋は整います。

目から入る刺激が減るだけで心に余裕が生まれる

 

 

モノが溢れた現代で
必要最低限のモノで暮らすということは、
自分が必要で好きなものだけに囲まれた暮らしが実現しているということ。

無駄なモノに費やす時間が少なくて済むので、
自分のために使える時間が増えます。

すっきり片付いている部屋を目の前にすると、
自分の本当の気持ちが見えてきて、
後ろ向きだった気持ちが少し前向きに、
今から何か始められそうな気持ちを感じられると思います。

部屋に余白があると心に余裕が生まれる
そのことが伝わったら嬉しいです。

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

【株オンライン】20,000円→0円今ご登録頂くと10日間無料サービス中!!

 

HSPとカフェイン過敏症の関係
食パンと一緒にすする一杯のおいしい珈琲。 とくにトースト好きさんにとっては朝の大切な習慣なのでは? ただ、カフェインって人によっては 合う or 合わないがありますね。 数年前体調を崩したことをきっかけに ...
↓読んだよのお知らせにクリックして頂けるとうれしいです。
この記事を書いた人
anco

HSP|アダルトチルドレン|不安障害|パニック障害|発達障害グレーゾーン
からっぽだと思っていた器は、フタをあけてみたらとてもぐちゃぐちゃしていたのでした。
そして2020年、書くセラピーを始めました。
当事者として感じてきたこと。
持たない暮らしで始める心の整理。
今日がうまくいかなくても、明日と明後日は生きづらさを抱えるあなたの理解者になっていたい。
ありのままの気持ちを綴っていこうと思います。
よろしくお願いします。

ancoをフォローする
HSP
スポンサーリンク
ancoをフォローする
INNER JOURNEY

コメント

タイトルとURLをコピーしました